アフィリエイト
  • 2006.04.05 Wednesday
  • スポンサーサイト
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • - | -

笑の大学 スペシャル・エディション
笑の大学 スペシャル・エディション

なんだか、喜怒哀楽を感じられる映画を見たいんだよなぁ。と思って、
山手線に乗る。
恵比寿駅の電車の音が恵比寿ビールの音って、どこかで聞いたけど、
実際聞いたの初めて。
それぞれ特徴のある音っていいよね。
アトム(高田馬場)とか蒲田行進曲(蒲田)とか。

渋谷で降りてシネクイントへ。
「笑の大学」を観にいくことにする。
「笑の大学」はシネクイントか、浅草で観ようと前から思ってた。

-----------------

昭和15年。日本に戦争の影が近づき、大衆娯楽の演劇にも検閲のメスが入っていた。劇作家の椿一は、新しい台本の検閲のため、警視庁の取調室に出向く。そこに待っていたのは、これまで心から笑ったことのない検閲官、向坂だった。椿の新作を上演禁止にするため、向坂はありとあらゆる注文をつけるが、椿は苦しみながらも、向坂の要求を逆手に取ってさらに笑える台本を作り上げていく。こうして、2人の台本直しは、いつの間にか傑作の喜劇を生み出していくのだが…。
-----------------
というお話。ほぼ、二人芝居なのだけど、間の取り方と、言葉そのものが面白い!
特に喜劇作家のセリフは三谷幸喜さんそのものの考え方を
とても反映しているように感じた。

もちろん、間の取り方もいいのだけど、
プラスして絶妙のカット割りがはいって
ここが映画らしく演出された部分なんだと感じた。
結果はもちろん満足。笑えて笑えて笑えて泣きました。

そうそう、加藤あいとか木梨憲武とか出てたみたい。
全然わからなかった。
さすがに小松政夫はわかったけど。

それから、
「放課後」「幕末高校生」「僕の生きる道。」「古畑任三郎」「チャンス!」「それが答えだ!」「総理と呼ばないで」「世にも奇妙な物語」「美女か野獣」「恋ノチカラ」「スタアの恋」「やまとなでしこ」「ニュースの女」「総務課長戦場を行く! 歯医者もボーイも運転手も代理店もみんな戦場で頑張った」「17才 at seventeen」「白鳥麗子でございます!」「ifもしも」・・・・

聞いたことあるタイトルばかりじゃない?

星譲や石原隆が関わったドラマたち。

このふたりや、戸田山雅司、鈴木雅之、この4人のクレジットがあるドラマは
外れなし!ってくらい面白かった。

フジテレビのドラマばかりだけど、制作は共同テレビ。

その星譲が監督で、石原隆が企画で、
スタッフは「踊る大捜査線」の亀山P、音楽は本間さん。
つまらないはずがないのです。

あまりの面白さに、
母に、感想を語り、パンフレットを見せたら、
「おじいちゃん、この時代に浅草行ってたはずよ」
田端付近に住んでいた大正9年生まれの祖父は
蓄音機とか、アコーディオンとか、
その当時、ありえないものを持っていて、
しばらく家にも置いてあったらしいが、
いつのまにか祖母に捨てられたという。

祖父は、
私が小学校1年の時に亡くなった。
私にとっては、すごくいいおじいちゃんだった。
市役所勤めで、退職後は小学校の用務員のおじちゃん。

物心ついたころには、白髪でホント「おじいちゃん」
小さい頃、10キロくらい離れている祖父の家から、
毎日自転車で遊びに来てくれて、
公園に連れて行ってくれた。

小さい頃の記憶だけど、
その道を通ると、祖父を思い出す、
そんな場所がたくさんある。

事故にあって、杖なしで歩けなくなったころから、
急に体調を崩し、
ボーっとしてることが多かったけど、
小さい頃の中の多くの時間を祖父の家で従兄弟と育った私は、
いっぱい遊んでもらった。

甘いものが大好きで、毎日食パンにジャムをつけすぎて、
祖母に怒られる。
孫たちに、キン肉マンとかハットリくんのおもちゃやお菓子を買いすぎて、
祖母に怒られる。
植木を並べすぎて、
祖母に怒られる。

記憶の中の祖父はいつも姉さん女房の祖母に怒られていた。

祖父が生きた時代は、関東大震災後の日本。
のんびりした大正時代に幼少時代を過ごし
「じいや」「ばあや」に育てられた、「おぼっちゃん」だったという。

戦争には行ったけど、体が弱くて、最後の最後に入隊して、
盲腸になって帰ってきた。

娘(母たち)が若い頃には、もう「危篤」を繰り返してた、
そんな「ダメ父」である「祖父」の話ばかり聞いてたけど、
なんだか、
想像できる。

難しいことなんてわかんないけど、
戦争なんか反対で、
いや、戦争反対と叫ぶ父の背中を見て育って。


浅草に行き、蓄音機でレコードを聞いて、
本を並べる。

そんな10代を生きたのだろう。祖父。

12月22日は、祖父の17回目の命日。
妹は祖父の父(つまり曾祖父)が明治時代行ったイギリスで
その日を迎える。

私は、多分、電車で祖父の田舎である東北あたりを
走ってるだろう。

  • 2006.04.05 Wednesday 20:56
  • スポンサーサイト
  • by スポンサードリンク
  • - | -

Comment:
Add a comment:









Trackback:
トラックバック機能は終了しました。
 
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
RECOMMEND
えほんとさんぽ―さがしに行こう!絵本・雑貨・カフェ
えほんとさんぽ―さがしに行こう!絵本・雑貨・カフェ (JUGEMレビュー »)
杉浦 さやか
悔しいくらい
好きなジャンルが
つまった一冊。
RECOMMEND
旅のおみやげ図鑑
旅のおみやげ図鑑 (JUGEMレビュー »)
杉浦 さやか
初めて読んだ
杉浦さやかさんの本です。
この本を読んでるだけ、
世界中を旅してる気分になれる、そんな一冊。
RECOMMEND
絵てがみブック
絵てがみブック (JUGEMレビュー »)
杉浦 さやか
杉浦さやかさんの本は、
なんでもない日常を
平凡な毎日を、
楽しくさせる魔法が
たくさん描かれています。
RECOMMEND
わたしの日曜日
わたしの日曜日 (JUGEMレビュー »)
杉浦 さやか
杉浦さやかさんの本は、
なんでもない日常を
平凡な毎日を、
楽しくさせる魔法が
たくさん描かれています。
RECOMMEND
お散歩ブック
お散歩ブック (JUGEMレビュー »)
杉浦 さやか
杉浦さやかさんの本は、
なんでもない日常を
平凡な毎日を、
楽しくさせる魔法が
たくさん描かれています。
RECOMMEND
ベトナムで見つけた―かわいい・おいしい・安い!
ベトナムで見つけた―かわいい・おいしい・安い! (JUGEMレビュー »)
杉浦 さやか
ベトナムは大好きな国で、
ホーチミン〜ハノイまで
南北鉄道で横断したくらいです。
帰りのバックパックはいつもおみやげでいっぱいです。
RECOMMEND
スクラップ帖のつくりかた
スクラップ帖のつくりかた (JUGEMレビュー »)
杉浦 さやか
小さい頃からの趣味。
思い出を
切ったり貼ったり
一冊にまとめる、
そんな作業が大好きで。
SPONSORED LINKS

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.