アフィリエイト
  • 2006.04.05 Wednesday
  • スポンサーサイト
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • - | -

キャパ・イン・ラブ・アンド・ウォー
キャパ・イン・ラブ・アンド・ウォー


所用があり、恵比寿へ。
ガーデンプレイス、はじめてゆっくり回った。
東京写真美術館にも行って、「世界報道写真展」を見る。
同時開催で朝日新聞社のイラク報道写真展もやっていて、
あまりにリアルで言葉に出来なかった。
ほとんどの写真は紙面で見たものだった。
残念だったのは、全て「写真」じゃなくて、
デジタル(←言葉が見つからない)だったこと。ちゃんとした「写真」でも見たかった。
あー、もっと前からここに通い詰めればよかった!とちょっと思った。
それから、ロバート・キャパ「capa in love&war」も。

ロバート・キャパの半生を写真、ニュース映像、日記、著名人のインタビューなどで
構成したドキュメンタリー。

ベトナムに行ったとき、沢田教一の写真を見に戦争記念館に行った。
そこで目についたのがキャパの写真たち。
正直言うと、先日見に行ったタイゾーの何百倍も印象に残る写真だった。
(タイゾーの写真はあまり覚えてない。「地雷を踏んだらサヨウナラ」は涙涙で見たけど、何か、タイゾーの本とか読んでも、浅野忠信の映画は美化されてる気がする。大沢たかおが沢田教一を演じてたこのドラマが凄く好きだった。「ライカでグッバイ」も。)
キャパの本は「ちょっとピンぼけ」を読んだのと、沢木耕太郎がキャパについて書いてるのを斜め読みしたことはあったんだけど「キャパ」がつくられた人物だったということに驚き!
「ちょっとピンぼけ」ではピンキーとのラブアフェアについてばかりの印象が強かったのだけれど、それ以前に彼はゲルダという最愛のパートナーを亡くしていることが描かれていて、涙が出た。
いや、ゲルダの死のシーンで涙したのではなくて、落下傘部隊に加わったシーンで涙が止まらなかった。
キャパは「戦争写真家の切なる願いは”失業”だ」と言う。
「戦争報道は”麻薬”だ」と言った記者を思い出す。
さっきのイラク戦争の写真展を思い出す、
いろんな感情が交わって自分の目がくもるのがわかる。

急に、後藤勝氏の写真を見たくなった。これから見ます。
彼の写真も大好きで、
本人を見かけた時にあまりにも緊張してひとことも話し掛けられなかった。
だめだな、自分。話し掛ければよかった!と今は思う。

行き帰りの電車で「もの喰う人々」を読む。
この本もまた、何でいままで読んでなかったのだろう?と思う本。

家に帰って、沢木耕太郎の「彼らの流儀」を読みかえす。
何十回読んだかな?この本。
「風の学校」を読んで元気になる。なんか、私の原点。

  • 2006.04.05 Wednesday 17:07
  • スポンサーサイト
  • by スポンサードリンク
  • - | -

Comment:
Add a comment:









Trackback:
トラックバック機能は終了しました。
2006/03/20 8:56 PM
映画好きの方見てってください。よってください。こんばんは!フー君です。誰もが子ども時代に読んだ記憶があるでしょうね。『グリム童話』。。その物語の誕生秘話を作り上げたこの作品面白いです!!それほど個人的には注目していなかったのですが、ファンタジー映画と
 
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
RECOMMEND
えほんとさんぽ―さがしに行こう!絵本・雑貨・カフェ
えほんとさんぽ―さがしに行こう!絵本・雑貨・カフェ (JUGEMレビュー »)
杉浦 さやか
悔しいくらい
好きなジャンルが
つまった一冊。
RECOMMEND
旅のおみやげ図鑑
旅のおみやげ図鑑 (JUGEMレビュー »)
杉浦 さやか
初めて読んだ
杉浦さやかさんの本です。
この本を読んでるだけ、
世界中を旅してる気分になれる、そんな一冊。
RECOMMEND
絵てがみブック
絵てがみブック (JUGEMレビュー »)
杉浦 さやか
杉浦さやかさんの本は、
なんでもない日常を
平凡な毎日を、
楽しくさせる魔法が
たくさん描かれています。
RECOMMEND
わたしの日曜日
わたしの日曜日 (JUGEMレビュー »)
杉浦 さやか
杉浦さやかさんの本は、
なんでもない日常を
平凡な毎日を、
楽しくさせる魔法が
たくさん描かれています。
RECOMMEND
お散歩ブック
お散歩ブック (JUGEMレビュー »)
杉浦 さやか
杉浦さやかさんの本は、
なんでもない日常を
平凡な毎日を、
楽しくさせる魔法が
たくさん描かれています。
RECOMMEND
ベトナムで見つけた―かわいい・おいしい・安い!
ベトナムで見つけた―かわいい・おいしい・安い! (JUGEMレビュー »)
杉浦 さやか
ベトナムは大好きな国で、
ホーチミン〜ハノイまで
南北鉄道で横断したくらいです。
帰りのバックパックはいつもおみやげでいっぱいです。
RECOMMEND
スクラップ帖のつくりかた
スクラップ帖のつくりかた (JUGEMレビュー »)
杉浦 さやか
小さい頃からの趣味。
思い出を
切ったり貼ったり
一冊にまとめる、
そんな作業が大好きで。
SPONSORED LINKS

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.